タイトル
  • ↓もう1つのブログもよろしくお願いします↓
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「スピード・レーサー」

    スピード・レーサー (扶桑社ミステリー ウ 30-1)スピード・レーサー (扶桑社ミステリー ウ 30-1)
    (2008/06/17)
    マイクル・アンソニー・スティール

    商品詳細を見る

    ニコニコ削除戦争はまだ勃発していないみたいですが、
    早速有名なMADが一つ消されたみたいです。
    これからどんどん消されていくんでしょうね...


    さて、
    今回は『マトリックス』シリーズの
    アンディ&ラリー・ウォシャウスキー兄弟が監督を務める、
    「スピードレーサー」を見たので紹介したいと思います。



    <ストーリー>
    天才的なカー・レーサーのスピード・レーサー(エミール・ハーシュ)は、
    メジャーなレースで不正を行なっている
    ロイヤルトン・インダストリーズ社の秘密を知ってしまう。
    激怒したオーナー(ロジャー・アラム)は彼を脅すが、
    強気で怖いもの知らずの彼はロイヤルトン社を打ち負かすため、
    難関のクロスカントリー・レースに挑む。


    この映画は日本で放送された
    「マッハGoGoGo」というアニメを実写化した映画で、
    今作もアニメ的な映像を取り入れた極彩色の新感覚な映像が楽しめます。

    そして、
    今作に登場するマッハ号やその他の車が様々な
    レースコースを所狭しと走りまくり、
    ありえないほど飛んだりはねたりします。
    主人公の乗るマッハ号もオートジャッキと呼ばれる
    車の下部にある特殊ジャッキで地面を蹴り、
    ぶつかってきた車をよけたり、タイヤがパンクしてもすぐに修復したりと、
    便利機能を最大限に使ってレースに挑戦します。

    レースもスピンやジャンプは当たり前で、
    敵も様々な武器などを使用してくるため、
    まるで車のカンフーを見ているような感覚でした。


    気になったのは少しアニメ的映像にしすぎて
    不自然なところがあったりしたのが残念だったかな?...


    総評として、

    限りなくアニメのような極彩色の映像は好みが分かれそうですが、
    バーンアウト並みの音速レース映画が見たい方にオススメです。

    評価は上の低級です。



    ちなみに今作では原作へ敬意を表しているのか、
    日本人や日本語がたくさん出てきます。

    エンディングテーマもヒップホップ風で
    日本語の歌詞を含んでいるのでエンディングも聴いてみてください。

    そして、私は字幕版を見たんですが、
    他の人に聞いてみると、吹き替え版は非常に残念だったようなので、
    失敗したくなければ字幕版を見ることをオススメします。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

  • プロフィール

    オットコライダー

    Author:オットコライダー
    主に映画やゲームのニュース、感想などを取り扱っています。
    派手な映画や洋ゲー、アメコミ等が大好きなドンパチ野郎で、
    今年から大学生になる若造です。
    生温かい目で見ていただければ嬉しいです。

    リンクはご自由にどうぞ。

    詳細はこちら

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ い
    人気ブログランキングへ
    ブログ内検索
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    4098位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    マイクロソフト(xbox360)
    60位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。