タイトル
  • ↓もう1つのブログもよろしくお願いします↓
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アバター観たのでござる の巻

    今年最大のSF超大作と名高い、
    ジェームズ・キャメロン監督最新作AVATAR」を
    IMAXシアター(3D)にて鑑賞したので、紹介したいと思います!




    ストーリー
    下半身不随になり、車いす生活を送るジェイク(サム・ワーシントン)は、
    衛星パンドラにやって来る。
    彼は人間とナヴィ族のハイブリッドであるアバターに変化を遂げ、
    不自由な体で単身惑星の奥深くに分け入って行く。
    慣れない土地で野犬に似たクリーチャーに襲われていた彼は、
    ナヴィ族の王女(ゾーイ・サルダナ)に助けられる・・・
                                yahoo映画より



    私はキャメロン監督のオススメである3D版で鑑賞したわけですが、
    これまた



    映像がすごい!




    そして




    疲れる!!!




    3D映画の宿命でもあるのですが、
    本作の上映時間が約2時間30分ということもあり、かなり疲れます

    字幕は見やすい場所に表示され、慣れれば気にならなくなるのですが、
    それまでが大変なわけで・・・w
    私は3Dメガネの下に眼鏡をかけて観ていたのですが、耳が超絶に痛くなりましたw


    しかし、3Dでしか味わえない映像はやっぱり凄く、
    画面から何かがドーン!と飛び出すなどの露骨な演出こそ無いものの、
    画面の向こう側に奥行きが作られ、本当にその世界があるかのように見せてくれます。

    噂によれば、
    キャメロン監督が独自に開発した3D映像と
    今回私が体験した3D映像は違う。とのことですが、
    どうなんでしょうか?
    まぁ、知らぬが仏でしょうw



    本作のメインでもある、
    最新の技術を使用して作り出されたナヴィ族表情の細かさも凄く、
    途中からCGということを完全に忘れさせてくれます。




    キャメロン監督が何十年も前から構想を練りこんでいったパンドラの生態系は美しく、
    様々な生物たちが登場し、物語のラストで大活躍してくれます!


    人類側の兵器であるAMPスーツ↓も尋常ではないカッコ良さで、現実的なデザインがタマランw




    これに乗って、町で暴れたいですww


    ストーリーや展開に関しては無難な感じですが、
    作品全体の完成度としては、流石のキャメロン監督と言うべきか、非の打ちどころがありません。






    何かが足りない気がするのです
    (ここからは私の個人的な感想なので、あまりお気になさらずw)


    弱点が無さすぎるがゆえに、
    インパクトのある、頭にこびりつくような感覚がないのです。


    なんというか・・・


    こればっかりは文章では説明できないのですが、


    とにかく、上手くまとまりすぎている感があって、
    最高だった!!という言葉が素直に出ないのです。


    う~ん・・・

    自分でも何言ってるか分かんなくなってきましたw

    まぁ、バカの戯言だと思って忘れてくださいw



    とにかく、


    この映画が歴史に名を残すにふさわしい映画であり、
    CGなどの技術的な面でも
    アバター前・アバター後に分けれるような節目とも言えるようなレベルです。


    映画ファンはもちろん、映画をあまり観ない方にも十分オススメできます!

    残り少ない2009年、
    今年最後の映画にどうでしょうか!?




    評価は上の下級です!!




    あまりにAMPスーツがカッコ良かったので、
    さっそくフィギュアなどの関連グッズを探し始めている私orz




    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    みた~@@

    とりあえず初日が地獄でした・・・
    自分的にはTHE王道!でしたが本当に映画としては楽しめました♪
    たまにはこんな王道映画も良いな~なんておもいましたよ^^

    まあ、3Dメガネになれてなくて映画終わりにがっつり付けっぱなしで映画を後にしようとしたときは恥ずかしかった><

    すごかった!

    私も昨日、某IMAXシアターで3D版を観てきました!

    いくつかの3D規格がある中でIMAXは最高品質だそうですが、流石でしたね。
    3D初体験(ネズミーランドは除く)という事もありますが、かなり驚きました!

    タローさんの言うように、3Dの使い方に無理がなく自然に使われているのが好印象でした。
    自然な奥行き感や、キャラクターの手前を浮遊する昆虫や火の粉などの表現が凄いと思いました!

    確かにストーリーは先が読める展開でしたが…、
    木が燃えてるシーンで泣きそうになってる自分がいましたよw


    AMPスーツの件ですが、
    タローさんが嬉しそうな顔で「ハァハァ♪」言っている姿を何回も想像してしまいましたww
    確かにカッコイイですよね!


    確かに映画としての完成度は高く高評価なんですが…、タローさんの言うように“何かが足りない”と思いました。
    『ターミネーター』の時のような衝撃はなく、観終わった後も絶賛する程ではなかったです…。

    ただ、2009年のベスト映画は『アバター』と『スター・トレック』である事は間違いないですけどねw

    コメントありがとうございました。

    >kigiru さん
    確かにお決まりな感じの展開もありましたよね。

    3Dメガネ付けっぱなしで退場ww

    いくらなんでもおマヌケすぎますぜ・・・w


    >O.G. White さん
    AMPスーツ良すぎ・・・

    もうね・・・カッコよすぎてフィギュア買っちゃいましたよwwww
    今後もこういうパワードスーツが活躍する映画が増えればいいなぁ~
  • プロフィール

    オットコライダー

    Author:オットコライダー
    主に映画やゲームのニュース、感想などを取り扱っています。
    派手な映画や洋ゲー、アメコミ等が大好きなドンパチ野郎で、
    今年から大学生になる若造です。
    生温かい目で見ていただければ嬉しいです。

    リンクはご自由にどうぞ。

    詳細はこちら

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ い
    人気ブログランキングへ
    ブログ内検索
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    2918位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    マイクロソフト(xbox360)
    51位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。