タイトル
  • ↓もう1つのブログもよろしくお願いします↓
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    洋ゲーのあるある・・・あります?

    最近眠れない夜が続きまして・・・
    不眠症か?と思ったんですが、深夜1時ぐらいには夢の中にいるので多分違います。
    でも、寝るまでの間にいろいろと妄想するわけですよ。
    えぇ、もちろんえっちぃ妄想ではないですよ?

    それで、ふと思いついたんですよ。
    洋ゲーでよくあることを紹介したら面白いんじゃないか!! と。

    ってことで、
    個人的に洋ゲー(主にFPS)のあるあるをまとめてみたので紹介したいと思います!


    洋ゲーのあるある その1
    対空施設を破壊した後のムダに大迫力な空爆シーン
    (代表作 CODシリーズ BF・BC)
    敵の対空施設を破壊した後に、丘の上などの見晴らしの良い場所に移動して、
    今までの努力の意味があるのか?と思ってしまうほどの大空爆シーンがよくあります。


    洋ゲーのあるある その2
    味方のヘリ(輸送機)は大体墜落する
    (代表作 COD4 その他多くのFPS)
    無線などから聞こえてくるパイロットの
    墜落する!うぁぁぁぁぁ!」みたいなセリフは聞き飽きました。
    ちなみに洋ゲーではないものの、
    バイオハザードシリーズの救援ヘリも
    一部のファンからは逆に危険と言われているようです。


    洋ゲーのあるある その3
    イベントで死にまくる味方兵
    (代表作 クエイク4 CODシリーズ レジスタンス2)
    これは同じ部隊の仲間よりも、名前も無いような雑魚兵に多いです。
    ガラス越しで味方兵が襲われてグシャッ!とか、
    「これでもくらえ!」とか言って銃を乱射している兵士の頭が吹き飛ばされたりと、
    ゲームを盛り上げるために死ぬ場合が多いです。



    洋ゲーのあるある その4
    見掛け倒しのボス
    (代表作 ギアーズオブウォー2 レジスタンス2)
    見た目がめちゃくちゃ強そうでも、
    きちんとした手順を踏めば余裕で倒せるようなボスが多いです。
    最近は巨大なボスが登場するものの、正直雑魚で拍子抜けする場合が多いです。


    洋ゲーのあるある その5
    ハンドガンで頭が吹き飛ぶ
    (代表作 ギアーズオブウォーシリーズ)
    実際の光景を見たことありませんが、
    多分ハンドガンで頭が綺麗さっぱり無くなることはないです。


    洋ゲーのあるある その6
    やたら強い近接攻撃
    (代表作 FPSゲーム全般)
    ナイフなら分かりますが、殴り一撃で死ぬっていうのはどんなプロボクサー?


    洋ゲーのあるある その7
    やたら強い戦車
    (代表作 CODシリーズ その他戦車が登場するゲーム)
    今までの苦労はなんだったんだ?と思うほど強い戦車。
    敵の攻撃をほとんど食らわず、さらに弾数無限ってどこの最終兵器?


    洋ゲーのあるある その8
    字幕の文字が小さい
    (代表作 フラクチャーなど)
    少し強引にローカライズされた洋ゲーなどの字幕はとても小さく見難いです。

    洋ゲーのあるある その9
    主人公の顔が地味
    (代表作 BF:BC キルゾーン2)
    プレイヤーが感情移入しやすいようにだと思いますが、
    大体の主人公の顔はそっくりです。


    洋ゲーのあるある その10
    マッチョばっかり
    (代表作 ギアーズオブウォーシリーズ)
    日本のキャラクターは美形ばかりに対して海外のキャラはマッチョオヤジばかり


    番外編
    コントローラーの○と×を間違える
    (代表作 いろいろ)
    洋ゲーではたまに○がキャンセル ×が決定 というゲームがあり、
    押し間違えのせいでイライラした人は多いはず。
    □が決定のゲームもありましたが、正直腹が立ちました。



    などなど・・・
    個人的に例を挙げただけでもこんなにあるわけでw
    まぁ、こういうあるあるを全部ひっくるめて洋ゲーが大好きなんですけどね!!

    やっぱり洋ゲーは最高です!
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ありすぎる!!!

    1.これはホントによくありますよね、パッと見た時思い思い出したのがHALO3ですね。対空兵器倒した後のこれでもかってぐらいの空爆はやりすぎでした・・・
    2.これまたよくある、ゲームならずに映画でもしょっちゅう落ちますよね!!主人公が乗っていようがバンバンおちますよね・・・
    3.これもよくある、新種の敵が出てきたときに「僕はこうやって攻撃するよ♪」ってな感じに見せ付けてくれますね・・・
    4.あるある、最近は倒し方の手順があって楽すぎますよね・・・
    5.うんある、ギアーズはこれでもかってぐらいの過剰表現ですね!!正直頭に銃を突き付けて撃っても頭は吹き飛ばないですね・・・ん?そういう動画を観たことがありますがなにか?
    6.あるな~、プロボクサーというより怪物です・・・
    7.ありすぎる、これまたHALOの戦車は異常ですね・・・コブナント側の戦車が弱すぎる。最初っから戦車を投入すればいいだけなんじゃ・・・
    8.あるよあるよ、しかも戦闘中に出てこられると見えないんだ!これが!!
    9.あ~るな~、たしかデッドスペースのアイザックも地味だった気がする・・・イヤ、タシカイケメンダッタ
    10.ありますが何か?正直ギアーズの世界はボディービルダー以上のマッチョが世界の8割をしめてますね・・・

    いい企画ですねw

    数えていったら、全部あるある!でしたw

    確かに、洋ゲーの空爆は派手ですよね。
    目の前で絨毯爆撃とか……下手したら自分等焼死しますよ!
    まぁ、観ていて気持ちイイから文句はないですけどww

    洋ゲーに出てくるボスは見掛け倒しのものが多いですが、特に『Dead Space』のボス達は印象に残ってますね。
    変な触手から始まり…、粘膜の壁に口が付いている卑猥なボス…、そしてラスボスと、みなさん見かけだけでしたw
    普段が緊張の連続なので、ボスで息抜きできて良かったですけどねww



    面白かったです!
    次の企画、楽しみにしていますw

    コメントありがとうございました。

    >kigiru さん
    HALO3に当てはまるのが多いですねww
    まぁ、それだけHALOは洋ゲーの王道を突き進んだゲームなんでしょうけどねw

    次の祭りはHALO3かな!?w


    >O.G. White さん
    今まで手こずった敵が悲鳴を上げながら逃げ惑う姿には興奮しますよw

    デットスペースのボスは最高難易度では唯一の休憩所と思ってましたからね・・・
    ラスボスなんて、多分ボスに背を向けてでも倒せると思いますよw

    今回の企画は相当暇だったからやってみただけで、
    次の企画は当分先かな?ww

    通りがかったものですが

    あるある!!
    洋ゲー色々やりましたが、その4なんかは定石?と思うぐらい当てはまりますね。
    日本のゲームだとラスボスというと非常に固い、攻撃力が高い!が定番ですけど。
    洋ゲーだと準備万端!最高の装備持って行ってさーやるぞ!って一撃かよ!!みたいなww

    コメントありがとうございました。

    >みそじん さん
    ラスボスの拍子抜けは多いですよねw
    でも、日本のラスボスみたいに
    倒したと思ったら第二形態、その次は第三形態・・・とかも嫌ですよねw

  • プロフィール

    オットコライダー

    Author:オットコライダー
    主に映画やゲームのニュース、感想などを取り扱っています。
    派手な映画や洋ゲー、アメコミ等が大好きなドンパチ野郎で、
    今年から大学生になる若造です。
    生温かい目で見ていただければ嬉しいです。

    リンクはご自由にどうぞ。

    詳細はこちら

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ い
    人気ブログランキングへ
    ブログ内検索
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    2918位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    マイクロソフト(xbox360)
    51位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。