タイトル
  • ↓もう1つのブログもよろしくお願いします↓
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「インクレディブル・ハルク」

    原作がマーベルコミックスとして有名な、
    「インクレディブル・ハルク」を見に行ったので紹介したいと思います。

    <ストーリー>
    ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は
    緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して生活する日々を送っていたが、
    ハルクの変身の秘密を知ったテロリスト(ティム・ロス)が
    怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。
    恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、
    ブルースはハルクに変身して危機に立ち向かう。



    少し前にアン・リー版「ハルク」を紹介しましたが、
    今作では出演者や監督など全て変えて、完全に別物として製作された映画で、
    「ハルク」がかなり重い作品だったのに対して、
    「インクレディブル・ハルク」は誰でも見れるように純粋なヒーロー映画となっています。
    ハルクの戦闘シーンも前作よりもある程度増えていますし、
    CGのレベルが上がったことで、さらに大迫力の戦闘を楽しむことが出来ます。
    しかし、あまりにもCGっぽさが目立ってしまっていて、
    少し現実味の無い戦闘になってしまっていたのが少々残念ですが...

    そして、今作は普通のヒーロー映画としても楽しめますが、
    かなり前にこちらで紹介したマーベルヒーローの共演に対する布石が
    あちこちにちりばめられています。

    たとえば今年の9月に公開予定の「アイアンマン」から、‘あの人‘が登場し、
    マーベルコミックではおなじみの「アベンジャーズ」を匂わせる発言や、
    キャプテンアメリカに関係のあるスーパーソルジャー計画など、
    他のアメコミ映画と強くリンクしております。
    そして、アメコミのキャラクター達が共闘する
    「アベンジャーズ」の実写映画化も本格的に始動したようです。

    その他アメコミファンなら泣いて喜ぶような要素がたっぷり詰まっているので、
    これから始まるであろうアメコミ祭りのために見に行って損は無いでしょう。
    もちろんアメコミには興味の無い方も大迫力のパワーバトルが楽しめるのでオススメです!


    評価は上の下級です。

    ちなみに、
    アン・リー版「ハルク」と「インクレディブル・ハルク」と
    どちらが面白かったか聞かれたら
    私はアン・リー版「ハルク」を取ります。あくまでも個人的な意見ですがwww
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • プロフィール

    オットコライダー

    Author:オットコライダー
    主に映画やゲームのニュース、感想などを取り扱っています。
    派手な映画や洋ゲー、アメコミ等が大好きなドンパチ野郎で、
    今年から大学生になる若造です。
    生温かい目で見ていただければ嬉しいです。

    リンクはご自由にどうぞ。

    詳細はこちら

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ い
    人気ブログランキングへ
    ブログ内検索
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    4098位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    マイクロソフト(xbox360)
    60位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。