タイトル
  • ↓もう1つのブログもよろしくお願いします↓
  • スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ディメンティウム2の紹介 その1

    ディメンティウム2」という
    ニンテンドーDS用ソフト試供品として届いたので、紹介したいと思います。

    本作は9月30日
    閉ざされた病棟 ディメンティアム2」として日本でも発売される洋ゲーで、
    なんとも気持ちの悪い怪物たちが登場する素敵なホラーゲームです。
    こちらに簡単な紹介とスクリーンショット)

    まず、私はDSのソフトは全くと言っていいほど遊ばず、
    携帯ゲーム機で発売されるFPSゲームというのも避けていた傾向があります。

    しかし、ホラーFPSである本作を遊んでみると、
    携帯ゲーム機でのFPSゲームもなかなか楽しいことが分かりました

    本作は十字キーで移動画面をタッチして視点移動。という操作システムですが、
    自分の指の動きがダイレクトに視点操作につながるのは没入感があります。

    特に、ホラーゲームである本作では
    怖いシーンなどでの自分の指の震えがそのまま主人公の手の震えに反映されるため、
    さらに没入感が高まりますw
    (これは私だけかな?w)

    肝心のゲーム内容はと言いますと、

    序盤を遊んだだけなのですが、グラフィックは汚くても雰囲気は出てます

    ご飯が進む容姿の怪物たち




    家に飾りたくなるようなステキなオブジェが雰囲気を盛り上げてくれます。





    ただ、本作の一番の問題は、


    手がとても疲れる。ということでしょう。



    片手でDSを持ち、もう片方の手で視点を操作するのは
    激しい操作を要求される本作にとっては少々致命的かと思います。

    まぁ、そのあたりは休憩しつつプレイすればいいわけですが・・・w




    とにかく、現状での感想はここまで。


    クリアしてからまた感想を書きたいと思います。




    しっかし、
    ブログで紹介記事を書くだけでゲームソフトがもらえるとは・・・

    やるからには真剣に紹介しますよw


    この記事はWillviiが行うブログレビュー企画に参加して書い
    ています。記事掲載による金銭の授受はありません。また、
    事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカー等から
    記事の内容に対する関与は受けていません。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

  • プロフィール

    オットコライダー

    Author:オットコライダー
    主に映画やゲームのニュース、感想などを取り扱っています。
    派手な映画や洋ゲー、アメコミ等が大好きなドンパチ野郎で、
    今年から大学生になる若造です。
    生温かい目で見ていただければ嬉しいです。

    リンクはご自由にどうぞ。

    詳細はこちら

    最近の記事
    最近のコメント
    最近のトラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリー
    フリーエリア
        にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 ゲームブログへ い
    人気ブログランキングへ
    ブログ内検索
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    ゲーム
    2725位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    マイクロソフト(xbox360)
    51位
    アクセスランキングを見る>>
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。